創立15周年のご挨拶

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
D4エンタープライズは本年3月3日をもちまして創立15周年を迎えました。これもひとえに多くのお客様、さらにパートナー企業の皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。
 
弊社は2001年11月に、1980年代頃より日本のコンピューター産業を支えてきて頂いたゲームソフトウェア会社の作品を、エミュレーター技術を用いたゲームソフトウェア復刻事業「プロジェクトEGG」を創設しました。今日、全世界であたり前となったレトロゲーム事業への取り組みに参画でき、多くの方々に名作を楽しんで頂けていることは弊社の目標の一つでございました。
 
そして、このたび、「プロジェクトEGG」での18年の運用を通じ、パートナー企業様より貴重な財産である、数多くのゲームソフトウェアの著作権を地位継承、譲渡契約が締結させて頂きましたことをご報告申し上げます。
弊社では2005年より、「ぷよぷよ」で一世風靡した「コンパイル」を含め6社、400タイトル以上の譲渡を完了しておりました。また、このたび日本の代表的な名作RPG、「ハイドライド」を手掛けられた「T&Eソフト」などを含め、新たに5社が加わり合計11社、1000タイトル以上(うち数社は一部)となります。※詳細は後日改めて弊社ホームページにてご確認頂けます。
 
当時の作品を手掛けられた方々に敬意を払いつつ、弊社では日本の文化遺産の一つとして位置付けておりますゲームソフトウェア資産を1タイトルでも多く後世に承継来るよう、「プロジェクトEGG」及び関連事業を通じ大切に復刻事業に取り組んで参ります。また今までの運用の反省を真摯に受け止め、その経験を活かせるよう努め、より多くのお客様が当時の作品をさらに楽しんで頂けるよう、近い将来皆様に新しい「プロジェクトEGG」をご提案できるよう努めさせて頂きます。
 
この場をお借りして「プロジェクトEGG意見交換会」にご参加して頂きました皆様に深く感謝申し上げます。
 
これを機に社員一同決意を新たに、いま一度創業の精神に立ちかえり、一層の努力をし、皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。
 
今後とも、なにとぞご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

敬 白
 
平成31年 3月吉日
株式会社D4エンタープライズ
代表取締役 鈴木 直人
© D4Enterprise Co.,Ltd.